京都市 矯正歯科 小児矯正治療 小児歯科 妊産婦歯科 一般歯科

妊産婦歯科:妊産婦の方の歯科検診について

妊産婦検診について

妊娠中は女性の一生で一番歯の病気にかかりやすい時期です。

妊娠中は、ホルモンバランスの崩れや、つわりで日常の口腔清掃がおろそかになり、歯垢、歯石などが増加します。また口の中が酸性になり、歯周病、むし歯やなどの歯の病気になりやすい時期です。
歯周病、むし歯などの疾患から歯を守ることは、発育しつつあるおなかの赤ちゃんや子供さんの歯のためにも大変重要なことです。
あまり知られていないことですが、妊娠中の女性が歯周病にかかっている場合、歯周病にかかっていない妊婦さんと比べて、早産になったり、低体重児出産のリスクが7倍も高まったりという驚くべき研究データがあります。

積極的な妊産婦健診により、妊産婦の皆様に安心して治療を受けていただける体制を整え、妊産婦の方の健康な歯を守ること、そして大切な赤ちゃんを守ることを目指しています。

赤ちゃんの虫歯の感染について。

生まれたばかりの赤ちゃんは、虫歯菌であるミュータンス菌は存在しません。大人と同じスプーンやお皿の共有や噛み与えをする大人の唾液から感染するケースが多いです。
お子さんの感染を防ぐには、周りの大人達(両親だけでなく祖父母も)の虫歯やミュータンス菌を減らしておくこが大切です。

歯科医院専用100%キシリトールガムをオススメします

歯予防には毎日の歯磨き、歯科健診、フッ素塗布、正しい食生活が大切です。最近ではそこに「キシリトール」を摂取してもらうとより有効的なことが解っております。
キシリトールは白樺からとれる天然の甘味料です。
キシリトールは甘味があるのに虫歯にならないだけでなく虫歯の発生も防ぎます。
食後に摂取していただくことで、プラークを水に溶けやすいものにしてくれるので、歯ブラシやうがいでプラークが落ちやすくなります。
歯科医院専用の100%キシリトールガムをオススメします。


ホームクリニック紹介矯正歯科審美歯科妊産婦歯科小児予防歯科治療費についてお問合わせ・ご予約リンク よくあるご質問個人情報保護方針サイトマップ