京都市 矯正歯科 小児矯正治療 小児歯科 妊産婦歯科 一般歯科

がん治療中の口腔ケア:烏丸ビューティーデンタルクリニック

烏丸ビューティーデンタルクリニックで行うがん治療中の口腔ケア

がんの治療は、がんそのものに対する作用だけでなく歯や歯肉を含め全身に影響を与える可能性があります。

がん治療による歯肉への副作用には、歯肉を含めた口腔粘膜の腫れ、ただれ、潰瘍形成(口内炎)、感染、味覚の変化、口の渇き、痛み、むしば、歯がぐらぐらする、歯肉の萎縮の他、あごの骨への影響などがあります。

このため、がんの治療を受けている患者さんにとって、正しい口腔ケアの習慣を身につけることはとても重要です。また口腔内を健康に保つためには、がん治療の主治医(以下、主治医)、かかりつけの歯科医(以下、歯科医)、そして患者さんの三者が良好なコミュニケーションを築くことが大切です。歯科医には、あなたががん治療を受けていることを、また主治医には、あなたの歯科治療歴を把握しておいてもらう必要があります。

 

当院では「沢井記念乳腺クリニック」と連携をとり、乳がんの治療中の患者様のケアに努めています。

 



ホームクリニック紹介矯正歯科審美歯科妊産婦歯科小児予防歯科治療費についてお問合わせ・ご予約リンク よくあるご質問個人情報保護方針サイトマップ