京都市 矯正歯科 小児矯正治療 小児歯科 妊産婦歯科 一般歯科

小児予防歯科:お子様の歯の健康をしっかり守る

小児予防歯科

小児の歯科矯正は、早い時期から診察を行うことが重要です。

ピカピカクラブに参加しませんか?当クリニックではお子さんを虫歯から守るために、お子さんが参加しやすい取り組みをしています。可愛いノートで楽しみながら予防歯科に取り組んでもらっています。

PMTCで歯のクリーニング
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)というのは、歯科クリニックで行う専門的な歯のクリーニングのことです。

虫歯予防に一番効果があるので3ヶ月毎にするのがお勧めです。

歯の表面についた、歯ブラシではとれないプラーク(歯垢)やバイオフィルム(ネバネバした物質)を取り除くことができます。

フッ素を塗って強い歯に
フッ素はエナメル質を強くする作用があります。

子供の乳歯や生えたばかりの永久歯は、歯を覆うエナメル質が未発達で、虫歯の進行も早いことが多いので注意が必要です。

歯が生えたら、低濃度フッ素を家で毎日塗り、高濃度のフッ素を年に数回歯科クリニックで塗るのが理想的です。

キシリトールで虫歯を減らそう
キシリトールは樹木から作られる天然の甘味料で、虫歯の原因となる酸を作りません。
さらに、虫歯菌自体の力を弱め、数も減らします。

キシリトールガムやタブレットは虫歯の予防効果があるとされます。
毎食後、お子さんに食べさせて習慣づけてあげてください。

奥歯が生えたらシーラントで虫歯予防
奥歯の溝にプラスチックの一種である液を流して溝を埋めてしまう方法をシーラントと呼びます。

子供の奥歯には深い溝があり、複雑な形をしているので磨き残しや虫歯になりやすい場所です。

シーラントはとても優れた虫歯予防法です。

こどもの矯正:小児矯正歯科

小児の歯科矯正は、早い時期から診察を行うことが重要です。

小児の歯科矯正では、早い時期から診察を行うことで、適切な治療時期を逃さず、歯並びだけでなく顎の成長もうまくコントロールすることが可能になります。仕上りの美しさに加え、抜歯する可能性が低くなることもあります。
むやみに早く治療を開始するのはもちろんいいことではありません。大切なことはお子さんひとりひとりの最適な治療時期を逃さないことです。

小児矯正の治療費について


ホームクリニック紹介矯正歯科審美歯科妊産婦歯科小児予防歯科治療費についてお問合わせ・ご予約リンク よくあるご質問個人情報保護方針サイトマップ